自己啓発

【超便利】論文をネットで検索して探す方法を詳しく解説。

ネットで論文を検索したい人
ネットで論文を検索したい人
「大学の論文作成や何か参考文献を引用したい時に使えるサイトとかありませんか?」

といった悩みを解決します。

本記事の内容

・ネットで簡単に論文を検索する方法
・「グーグルスカラー」実際に使ってみた!
・登録不要。すぐに検索可能です。

本日は、ネットで簡単に論文が検索できて読む事ができるサイトをご紹介します。

よくメンタリストDaiGoさんや精神科医の樺沢紫苑先生が引用として利用されている論文を手軽に読むことが可能になる方法となりますので、おすすめです。

気になる人はぜひぜひチェックしてみてください。

【宣伝】【ビジネス、情報収集、知識の蓄積が加速する電子書籍配信サービス!】
これまでkindle unlimitedの電子書籍サービスで300冊以上読了してきた私が
自信をもっておすすめします!パソコン系の実用書、専門書も多数配信中です(=゚ω゚)ノ

「Kindle Unlimited 」アマゾンが提供する月額980円で
約130万冊以上の本やマンガ、雑誌を読むことができる月額サービスです。
仮に書籍・雑誌を紙で購入すると1冊500~1,500円くらいはするので
月に2冊以上読む方であれば簡単にもとが取れてしまうのでおすすめです。

→ 電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」読書を楽しもう!

【超便利】論文をネットで検索して探す方法を詳しく解説。

ネットで簡単に論文を検索する方法:グーグルスカラーを利用しよう。

■Google Scholar(グーグル スカラー)

https://scholar.google.com/

さすがは天下のグーグル様。グーグル先生にわからない事は何もないという事ですね。
グーグルスカラーと読みます。こちらのグーグルサービスから論文を検索可能です。

Google Scholar(グーグル・スカラー)は、ウェブ検索サイトのGoogleの提供する検索サービスの一つ。主に学術用途での検索を対象としており、論文、学術誌、出版物の全文やメタデータにアクセスできる。(wikiより引用)

 

グーグルスカラーの特徴

・世界の論文を検索することが可能。
・グーグルクロームなら英語などの外国語も日本語に翻訳してくれます。
・PDFにてダウンロード可能

一部有料コンテンツもありますが、有料のものであっても掲載元にたどれば、ダウンロードが可能なものもあります。

では実際に論文をグーグルスカラーにて検索してみましょう!使い方はグーグル検索と同じです。

例として今私が1番興味のある『筋トレ』について調べてみることにしました。

筋トレに関する論文が検索結果にずらっとでてきます。画像は一部です。

気になるキーワード入れてみて、色々と論文を検索してみてください。

検索結果の右側にPDFと表記されているはPDFにてダウンロードが可能です。
PDFの表記がなくても、アクセス先にPDFにてダウンロードできるボタンやリンクがあったりしますので、探してみましょう。

 

 

あとがき

本日は、ネットで簡単に論文が検索できて読む事ができるサイトをご紹介しました。

これでいつでもネットで簡単に論文検索できますね。学校の課題や会社での調査資料、個人的に気になって調べてみたい事などをチェックする際にご活用ください。

☆何度も使う方はブックマークをおすすめします。

https://scholar.google.com/