Kindle・書評

【ブロガー向け】書評記事を書くメリットは3つある。

書評を書きたい人
書評を書きたい人
「日々読書をしているので、書評を書こうかと思っていますが、どういった感じで書けばいいのかイメージがわきません。何か書き方のコツとかあれば教えて下さい。また書評ブログを書くメリットなどもあれば合わせて教えて欲しいです。」

といった悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログしているなら書評書こう!
・書評は読書で得た知識を定着させます。
・書く事により感じた3つのメリット紹介

読書三昧の日々を送ってます。
限界突破ブロガー、みやびです。

本日は、書評ブログを書くことによる感じた3つのメリットについて語ります。

私自身、ブログを運営しつつ、ここ1、2年で200冊以上の書籍を読了している観点からお伝えしますので参考になるかと思います。

それでは、さっそくどーぞ!

 

【ブロガー向け】書評記事を書くメリットは3つある。

ブログを書く事によるメリット3つ

1.自分が読んだ書籍を記録できる。
2.自分のおすすめ本を他の人へお伝えできる。
3.書籍の内容を改めて整理できる。

ひとつずつみていきましょう。

1.自分が読んだ書籍を記録できる。

読了した自分専用の本棚が出来上がる
どうしても、電子書籍、紙媒体、場合によっては図書館ということでいろんな媒体で読書をしてしまう癖があり、自分が読んだ本についてメモしておく場が欲しかったんです。そんな時に書評を書けばブログが自分の読了記録(本棚になる)と気づきました!

2.自分のおすすめ本を他の人へお伝えできる。

今この本を必要としている人に届くかも!?(つまりアフィリエイトww)

読書って人によって目的が違うと思いますが、基本的には教養として自分の知らない知識や情報を得るために読むことが多いと思います。
また娯楽としての漫画、ライトノベル、文学小説などの物語や作品を楽しむ場合もありますね。

3.書籍の内容を改めて整理できる。

脳(記憶)への定着。知識として頭の中に残る。
読書をインプットと考えた場合、ブログ書評はアウトプットとなりますね。ビジネス、学業、恋愛、家族、趣味などなど人生において大切なシーンで本から得た知識や情報を即座に活用できる可能性大!ドヤ顔厳禁やでww

 

上記の3つのメリットを得るとこうなる!

1.読書→インプット、新しい知識に触れる。

2.書評ブログに書く→アウトプット、情報の整理。

3.ブログ記事がコンテンツとして資産化→その本を求めている方に届く→つまりアフィリエイトで本が売れる。

そう、自己啓発や情報収集で本を読む事によりまさかのお金がチャリンと稼げちゃうというね。素晴らし過ぎますよね。ネット最高です。
(そんな簡単には買ってもらえませんww)

また、ここは書評をブログやツイッターにて発信する事により著者からコメントをもらえたり、書評記事を拡散されるという有難い恩恵があったりします。なんだか嬉しいよね。

 

 

あとがき

ブログ=書評記事ってもうテンプレというか定番じゃないですか。
つまり王道。間違いないということなんです。基本はなんでも大事です。

せっかく良い本に出合えたのであれば、自分のブログで紹介しつつ、記事ネタにするという1粒で2回も3回も美味しいというテクニックですね。

あわよくば紹介したら、このブログを通じて売れる可能性もありますからね!

そしてこれが幻の4つ目のメリットかもしれません。

→また新しい本が読みたくなります。つまり無限ループです。

 

▼ブログ書くなら文章の書き方も学ぼう!

新しい文章力の教室。あの情報メディアナタリーのライターさん直伝。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

これからもブログ運営にて役立つノウハウや実体験を交えて情報を配信していきますね。記事が良かったらこれからもご参考にどうぞ!

▼ツイッター始めました(^^)/ 良かったらフォローよろしくっす!

 

▼読書したいけど、読む時間がないという方はこちらのオーディオサービスを活用しよう!音声速度を上げる事も出来ますよ。

【Audible】Amazonオーディブルという聴く読書を全力でオススメしたい!© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates といった悩みを解決します。...
【ボイスメディア】音声から情報収集するなら「voicy」というラジオアプリがオススメ! といった悩みを解決します。 こんにちわ! 先日無料で利用できるラジオアプリ「voicy」を知りました。 ...