ブログ運営

【SEO対策】ブログ記事内の文字数を調べる方法。

ブログ記事内の文字数を調べたい人
ブログ記事内の文字数を調べたい人
「ライバルサイトのブログ記事内の文字数を調べる方法ってないですか?SEO対策の1つとして知りたいんです。」

といった悩みを解決します。

本記事の内容

・ライバルサイト記事内の文字数を調べる方法
・具体的な手順
・WebツールとGoogle Chrome拡張アドオンの2種類あり。

ブログを運営しているとSEO対策って気になりますよね?

グーグルは日々検索アルゴリズムが進化しており、SEOの最適な仕組みもブラックボックスですが、記事の文字数が多い方がいいって聞いたことがありませんか。

そんなときにライバル記事がどのくらいのボリュームの記事を書いているか気になりませんか?そんな時に記事の文字数を調べる事ができるツールがあります。

使い方も簡単なので、ライバルサイトのブログ記事の文字数を調べる際に使ってみましょう。

それでは、さっそくどーぞ!

 

【SEO対策】ブログ記事内の文字数を調べる方法。

Webツール、Google Chromeの拡張アドオンの2つ方法があります。

このどちらかを使うと簡単に調べる事が可能です。

1.Webツール(https://seolaboratory.jp/seotext/

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツールにて調べる事が可能です。

対象のブログ記事内における「文字数」「単語数」「ユニーク単語数」を調べる事出来ます。文字数が多ければ多い程、SEOに強くなるというわけではないですが、ライバルとのバランスというか相場の対比は必要でしょう。

使い方はシンプルです。

上記のサイトへアクセスしまして、調べたい記事のURLとキーワードを入力して文字数をチェックするをクリックすればOKです。

例はこのブログの「書評記事のひとつ」です。良かったら読んでみてくださいw

【書評】ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた(原田まりる)感想 といった悩みを解決します。 初の書評記事となります。 ブログと言えば本のレビュー感想記事は鉄板でしょう! ...

2.Google Chromeの拡張アドオンを利用。

普段Google Chromeを使っている方ならこちらが便利です。一度アドオンを入れてしまえば、すぐに計測できますからね。

まずはGoogle ChromeからこちらのURLをクリックします。アドオンページ。

→ かんたん文字数カウント

右側にある「Chromeに追加」をクリックします。

すると、Google Chromeの右上にメモみたいな画像アイコンが追加されます。

1.使い方は、文字数の調べたい記事を開きます。

2.Ctrl+Aなどにて記事内を「すべて選択します」

3.右クリック「選択したテキストの文字数をカウント」をクリックする。

4.これで文字数をカウントしてくれます。ポップアップが出現。

おまけ:
私は大まかな文字数が分かればいい時はさらっとブログ記事をよんでみて判断する場合と記事をテキストエディタに張り付けて文字数の数を調べる場合がありますね。

 

あとがき

本日は、ライバルサイトのブログ記事の文字数を調べる方法をお伝えしました。

Webツールを利用する、Google Chromeの拡張アドオンを利用する、目視やテキストエディタへの貼り付けで手動確認といくつか方法があります。

実はブログ記事を100~200くらい書いているとおおよそこの文章量だと2000文字くらいかな?という感覚は掴めたりします。ブログの記事内の文字数が気になる際にぜひご活用くださいませ。

最後まで読んで頂きありがとうございます!便利なツールを活用してブログでしっかりと稼ぎつつ、人生を限界突破させていきましょう!

ブログ運営をゲーム感覚で楽しんでいます。日々のコツコツとした記事を増やして(経験値稼ぎ)、ブログ更新(レベル上げ)が大事です。

これからもブログ運営にて役立つノウハウや実体験を交えて情報を配信していきますね。記事が良かったらこれからもご参考にどうぞ!

 

▼ブログ運営に役立つ記事。こちらもあわせてどうぞ!

【Web魚拓】見れなくなったサイトを見る方法【アーカイブを漁る】 といった悩みを解決します。 お気に入り登録していたサイトへアクセスすると・・・orz ありますよね? 本日は...
【SimilarWeb】ライバルブログのアクセス数を把握できる「シミラーウェブ」の使い方はこちら! といった悩みを解決します。 本日は、無料でライバルのブログのアクセスがある程度把握できるWebツール「シミラーウェ...
【Audible】Amazonオーディブルという聴く読書を全力でオススメしたい!© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates といった悩みを解決します。...